2020.10.23 更新

Table.19 映美子さんの冬に備えるからだ想いレシピ。りんごキャラメリゼ米粉パンケーキ

りんごキャラメリゼ米粉パンケーキ

だんだんと日が短くなり、気温が下がってきました。
暦の上では、立冬の11月から立春を迎える2月までの約3カ月間が「冬」の季節です。
この季節を元気に過ごすために整えておきたいのが、エネルギーを蓄え水分代謝を調整する役割をもつ「腎」。
「腎」は寒さに弱いため、冷えると体内に老廃物が溜まり、免疫機能が低下して風邪をひきやすくなります。
そこでおすすめなのが、黒ごまや黒豆といった「黒い」食材やナッツなど、「腎」の働きを整える食材。
これらの食材に加え、にんじんやりんご、米粉、シナモンを使ったパンケーキなら、
体を温めて血の巡りを促し、「腎」を冷えから守ることができます。

※このコンテンツでは、東洋医学の中核となる五行色体表(五味五色、五臓六腑、五季など)をもとにした暮らしの提案を行っています。東洋医学における「腎」は成長、発育、生殖など生命の根本に関わります。寒さに弱いため、「腎」が冷えると老廃物が排出できず、膀胱や生殖器、ホルモン、免疫、骨、耳、脳などさまざまな器官に影響が出ます。

【材料(6枚分)】

[生地]

  • ◦米粉200g
  • ◦人参すりおろし100g(小さめ1本)
  • ◦豆乳200cc
  • ◦くるみ15g(粗みじん切り)
  • ◦黒ごま大さじ2
  • ◦シナモン小さじ1
  • ◦ベーキングパウダー小さじ2
  • ◦卵黄4個

[メレンゲ]

  • ◦卵白4個
  • ◦砂糖30g

[りんごキャラメリゼ]

  • ◦りんご1個(薄切り)
  • ◦サラダ油大さじ6
  • ◦砂糖小さじ6(キャラメリゼ用)
【作り方】
  • ❶ ボールに生地の材料をすべて入れて、よく混ぜておく。(米粉はグルテンフリー。粘り気はでないので、しっかりまぜても大丈夫です。)
  • ❷ 別のボールに卵白を入れて八分立てします。砂糖を加えてツノが立つまで泡立てます。
  • ❸ ①のボールに②を加えて、泡が消えないように、さっくりと切るように全体を混ぜ合わせる。
  • ❹ フライパンにサラダ油大さじ1をしき、弱火で温める。
  • ❺ 最初にりんごをフライパンに並べ、砂糖小さじ1を振りかける。③を1枚分流し入れ、フタをし弱火で4分焼く。
  • ❻ フタをあけてひっくり返し、1分焼いて全体に火が通ったら出来上がり。


【ワンポイント】

お好みで、ハチミツ・メープルシロップ・バターなどをのせてお楽しみくださいね。

フードセラピスト石光 映美子

東洋医学陰陽五行を軸に、空間と食・大切な人に贈る食を提供するフードセラピストとして活動。株式会社シマノが運営する「Life Creation Space OVE」のcafeでメニュー開発や食事の提供を行うかたわら、「earthday いのちの森」明治神宮の食プロデュースを行うなど、さまざまな方面で活躍中。

おすすめコンテンツ Life