2019.01.23 更新

Table.4 映美子さんの乾燥対策のからだ想いレシピ

白い食材の潤いスープ

まだまだ寒さが続きますね。この時期に気をつけたいのが「乾燥」です。
肌や唇など身体の「外側」の乾燥は気づきやすいですが、実は「内側」も乾きやすくなっています。
コホコホと空咳が出ていたら乾きのサイン。肺が弱り、身体の中にも潤いが必要な状態です。
陰陽五行で秋の季節に良い食材とされているのが白いもの。今回のレシピに使用している白きくらげと蓮根は
いずれも肺を潤す効果があり、特に白きくらげは空咳や便秘、美肌にも効能があると言われています。
このレシピにセロリやローリエを加えて、パングラタンやパスタ、リゾットにしてみるのもおすすめですよ。

【材料(5人前)】
  • ◦生姜の千切り1片
  • ◦にんにくスライス1片
  • ◦自然塩適宜
  • ◦オリーブ油大さじ2
  • ◦十五穀米25g
  • ◦水1ℓ
  • ◦乾燥白きくらげ10g(水で15分位戻す)
  • ◦蓮根 半月切りスライス100g
  • ◦しめじ1房
  • ◦玉ねぎスライス1/2個
  • ◦白菜 縦3cmスライス1/8個
  • ◦ブロックのベーコン0.5cm厚さ角切り150g
  • ◦ホタテの乾燥貝柱大さじ3(またはホタテ缶詰1個)
【作り方】
  • ❶厚手の鍋に、オリーブ油、生姜・にんにく・ベーコンを入れてから火をつける。(中火)
  • ❷➀の材料から香りがでてきたら玉ねぎを加え、透明になって甘い香りがするまで炒める。
  • ❸➁に、白菜・蓮根・しめじ・ホタテ・十五穀米・水を入れ、強火で沸騰したら弱火で15分煮る。
  • ❹➂に白きくらげを入れて再沸騰したら、塩で味をととのえて出来上がり。

フードセラピスト石光 映美子

東洋医学陰陽五行を軸に、空間と食・大切な人に贈る食を提供するフードセラピストとして活動。株式会社シマノが運営する「Life Creation Space OVE」のcafeでメニュー開発や食事の提供を行うかたわら、「earthday いのちの森」明治神宮の食プロデュースを行うなど、さまざまな方面で活躍中。

おすすめコンテンツ Life