2018.02.09 更新

Table.1 杉山さんの寒い日のからだ想いレシピ

干し柿ジンジャースパイスクッキー

冬場は身体が冷えやすくなり、その影響で血流がと臓器の代謝が悪くなると考えられています。
手足や身体の冷えを感じたら、自転車に乗るときに少し軽めのギアで脚をクルクルと回すなど、
筋肉を使う活動で自ら熱を作り出すようにしましょう。
さらに身体をあたためる効果のある生姜や干し柿も上手に取り入れたい食材です。
天日干しにした干し柿は肺を潤し、しつこい痰を切る、咳を止める効果があり、
冬場に多い風邪対策に良いとされています。
仕事中のティータイムやのんびりと過ごす休日に、このクッキーを食べてホッと一息。
そんな時間が、春に向かうための大切な準備になります。

【材料】
  • ◦薄力粉80g
  • ◦全粒粉(グラハム粉)20g
  • ◦ベーキングパウダー小さじ1/2
  • ◦きび砂糖15g
  • ◦生姜すりおろし 大さじ1(1~2かけ分20g位)
  • ◦はちみつ大さじ1
  • ◦菜種油もしくはオリーブ油大さじ2
  • ◦干し柿2個
  • ◦クルミ15g(大さじ1)
  • ◦胡麻小さじ1
【作り方】
  • ❶薄力粉、全粒粉、砂糖、ベーキングパウダーをボウルに入れてよく混ぜる。
  • ❷別のボウルで、はちみつと生姜をよく混ぜる。その後に干し柿、クルミ、胡麻を入れる。
  • ❸➀に油を入れて、ゴムベラで混ぜる。
  • ❹➂に➁を2回に分けて入れてまとめる。
  • ❺➃の生地をビニール袋にいれて5mmの厚さに伸ばす。
  • ❻型抜きで形をつくる。
  • ❼170度に温めたオーブンで15分焼く。

フードセラピスト杉山 映美子

東洋医学陰陽五行を軸に、空間と食・大切な人に贈る食を提供するフードセラピストとして活動。株式会社シマノが運営する「Life Creation Space OVE」のcafeでメニュー開発や食事の提供を行うかたわら、「earthday いのちの森」明治神宮の食プロデュースを行うなど、さまざまな方面で活躍中。