2020.07.31 更新

Table.15 映美子さんの夏に備えるからだ想いレシピ。お腹にやさしい甘酒梅肉そうめん

お腹にやさしい甘酒梅肉そうめん

外に出ると蒸し暑く、室内はクーラーで指先まで冷え切ってしまう・・・。
夏場の身体は何かと“戦う”環境に置かれがち。
さらに、冷たい飲み物や食べ物に手が伸びやすく、
内臓の冷えから胃腸の不調が気になることが増えてきます。
弱った胃腸の消化吸収を助けるためには、米麹甘酒を使った食事がおすすめ。
麹はたくさんの酵素を含むので、胃腸のケアに効果的です。
米麹甘酒と梅干しのタレにからめた素麺は、
食欲が落ちやすい夏場でもさっぱりと食べられます。
しっかり食べて「戦えるカラダ」をつくり、アクティブな夏を過ごしましょう。

【材料】

[素麺]

  • ◦素麺1束(100g)を茹でて冷やしておく

[タレ]

  • ◦梅干し2粒(中玉)
  • ◦豆乳100g
  • ◦甘酒15g(米麴のノンアルコールのもの)
  • ◦ごま油小さじ2
  • ◦リンゴ酢または米酢小さじ1

[具材]

  • ◦長芋30g(細切り)
  • ◦とうもろこし大さじ1(茹でたものまたは缶詰)
  • ◦バジル2枚
  • ◦ベビーリーフまたはレタス適宜
  • ◦オクラ2本(茹でたもの)
  • ◦ミックスナッツ大さじ1(粗めにくだく)

[仕上げ用]

  • ◦黒こしょう少々
  • ◦お好みで彩野菜(写真は紫キャベツ、キュウリ、コリンキーを使用)
【作り方】
  • ❶ 器に素麺だれの材料をすべて入れて混ぜ合わせる。
  • ❷ ①に茹でて冷やした素麺を入れてタレをからませる。
  • ❸ 具材を盛り付ける。
  • ❹ 黒こしょうをふりかけ、お好みで彩野菜をのせて出来上がり。

フードセラピスト石光 映美子

東洋医学陰陽五行を軸に、空間と食・大切な人に贈る食を提供するフードセラピストとして活動。株式会社シマノが運営する「Life Creation Space OVE」のcafeでメニュー開発や食事の提供を行うかたわら、「earthday いのちの森」明治神宮の食プロデュースを行うなど、さまざまな方面で活躍中。

おすすめコンテンツ Life