2018.06.01 更新

Table.2 杉山さんの春の日のからだ想いレシピ

春野菜のケークサレ

自転車に乗るのが気持ちいい季節になりました。
活動的になる春は、実は心身共にストレスを抱えやすい時期ということをご存知でしょうか。
気温の上昇にともなって体温調節で熱を発散しようとするものの、まだ身体が慣れていない状況であること、
人間関係などの環境変化によって心のストレスを抱えやすい状況であることなどがその理由です。
心身のストレスには、精神の安定に良いとされる小麦やレモン、
身体の熱を逃がす働きのあるトマトやアスパラガス、
パプリカなどを積極的に摂るのがおすすめ。見た目にも楽しいケークサレで、
変化の季節を上手に乗り切りましょう。

【材料】(直径20cmパウンドケーキ型)
  • ◦卵2個
  • ◦牛乳100ml
  • ◦オリーブ油50ml
  • ◦レモンの皮1/4(みじん切り)
  • ◦コショウ適宜
  • ◦小麦粉(薄力粉)120g
  • ◦ベーキングパウダー
  • ◦粉チーズ40g
  • ◦シュレッドチーズ40g
  • ◦ベーコン5枚(1cm長さに切る)
  • ◦玉ねぎ1/2個(みじん切り)
  • ◦ブロッコリー小房4個(半分に切る)
  • ◦マッシュルーム5個(スライス)
  • ◦赤パプリカ1/2個(1cm角)【飾り野菜】
  • ◦ズッキーニ1/2本(0.5cm輪切り)
  • ◦ミニトマト3個(半分に切る)
  • ◦アスパラガス1本
【作り方】
  • ❶フライパンに油をしき、玉ねぎ・ベーコン・マッシュルームを入れて玉ねぎが透明になるまで炒め、冷ます。
  • ❷ボールに卵をいれ、泡立て器で軽くほぐし牛乳・オリーブ油・レモンの皮を入れてよく混ぜる。
  • ❸➁にふるった小麦粉・ベーキングパウダーと、粉チーズ、シュレッドチーズ、コショウを入れて菜箸で混ぜる。(菜箸でまぜるとふくらみやすい)
  • ❹➂に➀とブロッコリーとパプリカを入れ、木ベラでざっくりと混ぜ合わせる。
  • ❺オーブンシートを敷いた型に流し込み、飾り用野菜をのせる。
  • ❻190~200度に予熱したオーブンで20分焼き色をつけ、一度取り出してアルミ箔をふわりとかぶせて20~30分焼く。竹串しをさして生地がついてこなければ出来上がり。

フードセラピスト杉山 映美子

東洋医学陰陽五行を軸に、空間と食・大切な人に贈る食を提供するフードセラピストとして活動。株式会社シマノが運営する「Life Creation Space OVE」のcafeでメニュー開発や食事の提供を行うかたわら、「earthday いのちの森」明治神宮の食プロデュースを行うなど、さまざまな方面で活躍中。