2020.07.17 更新

夏こそお灸で冷え対策!

冷たい飲み物の摂りすぎや冷房の影響で
「外は暑いのに身体は冷えている」といった状況が起こりやすいこの季節。
市販のお灸を使って、自宅で簡単にはじめられる温活がおすすめです。

暑い季節の
身体の「冷え」を、
お灸でセルフケア。

東洋医学では、私たちの身体の中には“陽気”というエネルギーが巡り、
生命活動の原動力になっていると考えられています。

身体を温めて体温を守り、身体を動かすエネルギーなどに使われる陽気ですが、
夏はつい冷房の温度を下げ過ぎたり、冷たいものを摂り過ぎたりして
身体が冷え、陽気が消耗してしまいがち。

そうなると胃腸の働きが悪くなり、食欲不振や血行不良から冷え、むくみ、 睡眠不足、
疲労感などさまざまな不調につながります。
陽気の消耗を防ぐために、軽い運動で血行をよくした後にお灸をプラス。

くるぶし近くの三陰交(サンインコウ)で陽気を補い、お腹近くの水分(スイブン)で水分代謝を促すと、
気分までスッキリと軽くなっていきます。

手軽なお灸を、
ポンと置くだけ。

お灸は、薬局などで手軽に買える台座付きが便利。
火を使わないものや煙の出ないものなど、扱いやすいものをチョイス!

  1. 1

    「三陰交(サンインコウ)」

    三陰交

    内くるぶしの頂点から指4本分上、 骨と筋肉の境目。

  2. 2

    「水分(スイブン)」

    水分

    おヘソから親指1本分上。

●情報提供・協力TEETER TOTTER

東京・広尾で、鍼灸やマッサージ、トレーニングを中心にしたプログラムでコンディショニングサービスを提供。ひとり一人に合ったコンディショニングメニューをパーソナルスタイルで実践。

おすすめコンテンツ Life